EDでもセックスできるようになる方法

EDでもセックスできるようになる方法

EDを治す方法

EDになると、「セックスに自信がない」とネガティブなる方もいると思います。
治療していくためには、あらゆる方法があり、その中でもっとも活用されているのがED治療薬です。
EDの原因はさまざまで、大きくわけて3つあります。
・心因性ED
・器質性ED
・薬剤性ED
勃起を取り戻すためにも、原因を学んでセックスができるように改善方法を見ていきましょう。

EDの予兆と原因!

睡眠中や朝に起きる自然と勃起している症状。
夜寝ている間でも何度も勃起は繰り返されているため、血行状態が健全とも言える現象です。
朝勃ちがなくなってくると、体内で血のめぐりが悪くなっておりEDの兆しがあると言われています。
軽度の状態からEDに気付ければ、早めに改善できる可能性があります。

次に勃たない症状が起こる原因について、3つご紹介します。
【心因性ED】
日常生活における不安や焦り・人間関係でのストレスなどが、関係しているのです。
恋人や仕事でプレッシャーを感じると、神経のバランスが崩れ勃起の時に必要な副交感神経(生理現象)が活発化せずEDになります。
疲労や日常でのストレスが取り除かれれば、EDを改善できることも。

【器質性ED】
生活習慣病が大きく関わっています。
運動不足・栄養バランスの偏り・睡眠不足・過度な飲酒・喫煙など、さまざまな要因から生活習慣病は発症するのです。
高血圧や糖尿病も言われていて、動脈硬化で血管をつまらせてしまいEDに発展しやすくなります。
普段から健康な食事・十分な睡眠などに心がけることで、EDを予防可能です。

【薬剤性ED】
服用している薬の副作用で起こるED。
降圧剤・β遮断薬・抗うつ剤などは、EDに発展する恐れがあると言われています。
あらかじめ医師にEDになるリスクを確認して、治療をしてください。

元気なムスコを取り戻すためにはED治療薬がベスト

EDは生活習慣を改善していく、日常のストレスを解消するという方法もありますが、即効性はありません。
もっとも即効性があり、生活の中に取り入れやすいのはED治療薬の服用です。
ED治療薬は、「勃起できる」という男性としての自信をすぐに取り戻せます。

ED治療薬はPDE5阻害薬に分類されていて、勃起の邪魔をするPDE5と呼ばれる酵素の働きを阻害します。
PDE5の働きを妨げると、勃起するために必要なcGMP(環状グアノシンーリン酸)という物質が正常に動けるようになります。
陰茎にある血管が拡張し、海綿体の血流量を増やし膨張して勃起する仕組みです。
簡単に言うと、ED治療薬は“血流改善”を目的としているので、どのEDのタイプでも勃起のサポートができるのです。

ED治療薬には、バイアグラ・レビトラ・シアリスと呼ばれる3つの種類があります。
バイアグラはハードな勃起を実現できるので、激しいセックスを望む方にもオススメ。
レビトラは早くて15分で効きはじめる抜群の即効性で、ベッドに入る前に服用しておけば勃起効果を得られます。
シアリスは、効果の持続力No.1。マイルドな勃起で多くのED男性を魅了しています。

ED治療薬は、作用している間は何度でも勃起ができるため、恋人との時間を思う存分楽しめます。
病院や個人輸入という方法で買えるので、ED治療薬で前向きに改善していきましょう。