服用タイミングが勃起力を左右する

服用タイミングが勃起力を左右する

オレンジ、青、緑、ピンク色の背景のチャンスの文字が並べられている
「ED治療薬を飲んだのに効果がイマイチ」と、十分な効果を得られなかった方もいると思います。
そんなに多いのが、服用タイミングのミス。
間違ったタイミングで使用すると、効果を得ることがでません。
ED治療薬は、空腹時の服用で100%の実力を発揮するんです。

夕食後に飲むのはNG!
病院で処方される薬や市販に関わらず、多くの薬が食後に飲むタイプですよね。
薬=食後というイメージが定着してしまい、ED治療薬も食事が終わった満腹の状態で服用してしまう男性が後を絶ちません。
そもそも食後に飲むタイプは、食べ物と一緒の方が吸収されやすかったり、空腹時に飲むと胃を荒らしてしまったりするお薬。
しかしED治療薬の有効成分は、胃や腸に食べ物が残っているとそれが弊害になり、うまく吸収されません。
ED治療薬の有効成分は脂分を通り抜けられないため、血液の中に取り入れることができずそのまま排出されてしまいます。
せっかく飲んだ薬も、効果を発揮しないまま無意味に終わるんです。

どうしても食後に飲むなら…メニュー選びがカギ
「どうしてもお腹がすいて、我慢できない!」と食事をしたい時は、メニュー選びに気をつけましょう。
メンチカツやからあげなどの脂っこい食べ物はNG。サラダや刺身などのヘルシーな食べ物をチョイスすることをおすすめ。
できるだけ消化しやすい食事にすると、成分の吸収を邪魔が少なくて済みます。
空腹時に近い方が効果を得やすいので、お腹一杯食べるのではなく腹5分目ほどに抑えてください。

メニュー選びに気をつければ、食後に服用してもある程度の効果を維持できます。
しかし効果をもっとも発揮できる服用タイミングは、空腹時だということを忘れないでください。